子供が汚してしまいがちなトイレと居間の壁を綺麗にする掃除の方法 ついつい子供が汚してしまうトイレと居間の壁を綺麗にするのが難しい汚れなどをすぐに綺麗にする方法などを紹介出来たら良いなと思っています。 トイレ詰まり

柱など家に使われているむき出しの木の部分を綺麗に掃除する方法を教えてください。水分になるべく晒さずに湿気がこもらないように掃除をするのがポイント

家の掃除をするときに困ってしまうのは、木材を使っている部分です。床などコーティングされているところは水拭きをすることができますが、和室の柱などは木がむき出しになっていて水拭きはカビや傷みの元になってしまいます。

■まずははたきで汚れを取る
木材の家具や柱の汚れは、拭き掃除をする前にしっかりとはたきで埃を取り除きます。高い位置にあるものから汚れを落としていきましょう。

■空拭きで掃除をする
木材にとって水分はカビや傷みの元ですので、木の掃除の基本は乾拭きです。もしくは水に濡らして固く絞った布で拭いた後に、乾いた布ですぐに水分を拭き取ります。できれば大きな汚れになってしまう前に、毎日の習慣に空拭き掃除をするようにしましょう。

■揮発性の高いエタノールで拭き掃除
汚れやニオイが気になる場合、水分を避けるべき木材の掃除は揮発性の高いエタノールを使った拭き掃除が有効です。特にカビが発生している場合には、エタノールをスプレーで噴射して揮発させてから乾いた布で拭いて仕上げをしてください。水よりも乾きやすいので木を湿らせても問題はありません。

滅菌効果がありますので定期的に処置しておくとカビ予防になります。

■しつこい汚れには酵素系漂白剤
色がこびり付いてしまうほどのしつこい汚れには、木材を傷めにくい酵素系漂白剤がおすすめです。カビやシミが気になる部分に浸けてしばらく放置してから乾いた布で拭き取ります。大抵汚れが浮き上がってきますが、それでも残ってしまったものはサンドペーパーを使って少しずつ削り取る方法が有効です。

くれぐれも漂白剤使用後はしっかりとふき取って水分をきちんと飛ばしてください。木材というのは使用していくごとに味わいが出てきますが、傷みが出やすい部分でもあります。毎日お手入れをしていってあげることで長持ちしますので、しつこい汚れになる前にちょっとずつ掃除をしていくように意識しておきましょう。

掃除をする際にはしっかりと換気をして、水分が留まらないようにするのがポイントです。特に和室の掃除をするときには風通しをよくしてお掃除してください。

▲PAGE TOP