子供が汚してしまいがちなトイレと居間の壁を綺麗にする掃除の方法 ついつい子供が汚してしまうトイレと居間の壁を綺麗にするのが難しい汚れなどをすぐに綺麗にする方法などを紹介出来たら良いなと思っています。 トイレ詰まり

ガスレンジまわりの焦げつきや油汚れを、さまざまなワザを駆使して、ラク~に落とす方法をご紹介。

油や食材の焦げつきが重なったガチガチ汚れを、力でこすり落とすのはつらいものです。ここは〈重曹ホイップクレンザー〉でパックし、汚れをしっかり浮かせましょう。あとはスポンジでこするだけで、ピカピカになります。

「使用するもの」
重曹ホイップクレンザー・スポンジ・ぼろ布・ラップ・ビネガー水●酢(ホワイトビネガーまたは穀物酢)と水を1:2の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れます。
*スプレーボトルは、耐酸性の物を使用して。スプレー部分がポリプロビレン性のものがおすすめです。

「やり方」
1五徳と汁受け皿をはずし、上層ホイップクレンザーをたっぷり塗り、15分ほどおきます。

2色が浮いてクレンザーが茶色くなってきたら、ぬらして絞ったスポンジでこすります。汁受け皿の頑固な焦げつきも、パックするだけで、指で簡単にこそげ落とせるほどもろくなります。その後、水でよくすすぎ、ぼろ布で拭きます。

【五徳や汁受け皿に重曹ホイップクレンザーを塗ったあと、続けて天板にも塗るとより時短に!】
「やり方」
1天板全体に重曹ホイップクレンザーを薄く塗ります。このとき、内部にクレンザーが入らないように注意します。乾燥を防ぐためにラップをかけ、15分ほどおきます。

2ぬらして絞ったスポンジでかるくこすりながら、クレンザーを拭き取ります。ビネガー水をまんべんなく吹きつけて、ぼろ布で拭き取るます。

【重曹ホイップクレンザーって何?】
重曹に液体石けんと酢を加えた、ふわふわの感触の万能クレンザーです。泡が汚れに密着し、油汚れなどを分解して浮かせるほか、重曹の研磨力と液体石けんの洗浄力で汚れをすっきりと落とせます。密閉容器に入れ、常温で1週間ほど保存可能です。

「作り方」
1・重曹1カップに液体石けん1/4カップを少しずつ加え、ゴムべらなどで全体がもったりとするまで混ぜます。もろもろとして硬い場合は、様子をみながら水を少量ずつ足します。

2・酢大さじ1を少しずつ加えて混ぜます。シュワシュワと立つ泡をまんべんなく混ぜ合わせ、全体がふんわりとしたら完成です。

▲PAGE TOP